カテゴリー別アーカイブ: 未分類

第四・五回 雷門小助六独演会

昨日は《第四・五回 雷門小助六独演会》御来場頂きありがとうございました

昼夜二回公演は初めての試みでしたが両方に御来場の方が思っていたより多数いらっしゃり嬉しい驚きがありました

私の力及ばない所はゲストの澤雪絵さんと北海翼くんに助けられ感想を聞く限りお客様にも満足頂けたようで安堵致しました

次回は来年の1月16日14時開演で場所も今回と同じ江戸東京博物館小ホール、お時間ありましたらよろしくお願い致します。

九月上席池袋演芸場前半 夜の部 主任(9月1日〜6日)

九月上席前半夜の部の主任を仰せつかりました

初日『木乃伊取り』
二日目『抜け雀』
三日目『お岩誕生』
四日目『さんま芝居』
千穐楽『猫定』

百戦錬磨の師匠方から血気盛んな若手までとても幅の広い個性豊かな番組でした

入場者数の制限などあり演芸場の前までお越し頂いたにもかかわらず御来場をお断りしたお客様もいらっしゃったと聞きました、大変に申し訳ありませんでした

世の中が平穏になりましたら又よろしくお願い致します

七月上席上野広小路亭後半 主任 (7月6日〜10日)

世間が騒々しい中を御来場頂きありがとうございました

入りも程よく、演者とお客様の距離も、お客様同士の距離もとることが出来たのでは無いかと思っています

五日間のネタは

初日『佃祭』

二日目『ねずみ』

三日目『木乃伊取り』

四日目『藁人形』

千穐楽『へっつい幽霊』

てな具合で梅雨から夏の噺、自分の好きな噺を色々と掛ける事が出来ました

又の御来場を心よりお待ちしております。

五日間の思い出 (11月15日)

初日『七段目』

初日『七段目』

師匠から稽古を付けて頂きました、師匠は先代からで先代は父親である六代目から。
真似する台詞が『仮名手本忠臣蔵』で通されているってのが雷門系の特徴、それと勘平と伴内の所作ダテの場面は先代が上方の演出を参考にしたんだと思っていましたが、小佐田先生の著書によると逆らしいです。

最も先代も六代目も若い頃に上方に居た事があるので、その頃に仕入れた演出方だった可能性もあります。


二日目『お見立て』

二日目『お見立て』

柳橋師匠から稽古を付けて頂きました。
芸協で『お見立て』と言えば柳橋師匠!、『お見立て』を習うなら柳橋師匠だと前座の頃から決めていました。
「茶殻が出てくる」くすぐりは先々代に当たる六代目柳橋先生が考えたものだと聞いた事があります。


三日目『井戸の茶碗』

三日目『井戸の茶碗』

小柳枝師匠から稽古を付けて頂きました。
小柳枝師匠は圓菊師匠からだそうで『井戸の茶碗』を付けて頂いた「圓菊師匠は恩人だ」とも仰っていました。
ご自宅で上げの稽古、小一時間の稽古の後に数時間飲ませて頂きました。
馬鹿話は記憶にありますが落語の話をしたかどうか


四日目『出世豆腐』

四日目『出世豆腐』

金太郎師匠に付けて頂きました。
師匠には前座の頃から本当にお世話になりました。
噺は他にも『胡椒の悔やみ』『もう半分』『百年目』『ねずみ』それにバレ小噺なんかも付けて頂きました。
師匠と住まいが沿線だからと言う理由で数え切れないほど仕事にも連れていって頂きました。

七月に取手の病院に入院していた師匠のお見舞いに伺った折りに「『徂徠豆腐』を覚えてくれ」と頼まれました。
『徂徠豆腐』は師匠が十八番にしていたネタでしたから「退院したら是非お願いします」と答えました。

八月に虎ノ門の病院にお見舞いに伺いバレ小噺を教わりながら「『徂徠豆腐』もお願いしますね」と軽口を叩くと「早い方が良い」との事
数日後に小柳さん桃之助さんと三人で稽古を付けて頂きました。
「覚えたら見てください」とお願いしたんですが「勝手にやって」と言われました。
「三人の覚えたての噺を立て続けに聞いたら健康な人間でも危ないですもんね」

お見舞いに伺ったのはそれが最後

師匠から「陰気なの嫌いだから明るくやってほしい」とのご指名で《お別れの夕べ》と《告別式》の司会をやらせて頂きました。
何処かで私が慌てるのを見ながら笑っていたと思います。

ネタ帳には『出世豆腐』と書くように言われました。


千秋楽『抜け雀』

千秋楽『抜け雀』

小柳枝師匠に付けて頂きました、師匠は先代柳橋師匠からだそうです。
浅草演芸ホールの三階で付けて頂きました。
やっぱり稽古の後に飲んだと思います、ただどんな稽古だったか覚えていないのです。
そんな感じの思いで、多いです。